電気よりガスの方がお得?関東で電気料金を抑える方法はガスにあり

オール電化が注目を集めている一方で、ガスと使い分けているという家庭も多いでしょう。確かに、電力のみに一本化することによるメリットも少なくはありません。しかし、使い方によってはガスと併用することによって光熱費をカットできることもあります。

そこで、ここではお得にガスと電力を併用する方法についてご紹介しましょう。
den9
◆暖房はガスの方がお得?
冬場の暖房費に頭を抱えている方も多いのではないでしょうか?ここ数年は暖冬傾向にあるものの、強い寒波に襲われたこともあり、暖房の使用頻度が高くなってしまいがちです。

そんな暖房費をカットする上で重要となるのが、ガスと電力の併用です。電力を使ったエアコンはとても便利で、素早く部屋全体を温めることができます。しかし、決してランニングコストが安いとは言えません。もちろん、各メーカーから省電力のエアコンも登場しています。それでも、使用頻度が高くなると、一気に跳ね上がった電気料金の請求に驚いてしまうことがあります。

そこで、便利なのがガスを利用した暖房です。例えば、ガスファンヒーターなどはランニングコストが低い上に、電気を利用したエアコンと同等か、それ以上の暖房能力を発揮してくれます。

また、最近ではガスを利用した床暖房を取り入れた住宅やマンションなども多くなっています。これもまた、電気を利用した床暖房よりランニングコストを抑えることが可能です。

◆調理コストは電気とガスどちらがお得?
高性能なIH調理器の普及が進んだことによって、調理にもガスではなく電気を使用する家庭が多くなってきています。
火を使う必要もなく、安全性も高いことで人気のIH調理器ですが、コストの面ではどうなのでしょう?

もちろん、プランによっては時間帯で電気料金は変わります。また、ガスの場合もLPガスと都市ガスでは料金は違っています。
ですが、総合的に考えると都市ガスがもっとも加熱コストは低くなります。それほど大きな差ではありませんが、毎日調理をしているという方の場合はガスを利用することによって、毎月の光熱費を節約できるでしょう。

電気にもガスにもそれぞれメリットがあります。もちろん、オール電化にすれば、ガスの基本料金もカットできますので、お得に感じられるかもしれません。しかし、暖房や調理などのコストを考えると、ガスと上手に併用することによって、光熱費をダウンできます。
オール電化にするかどうかで悩んでいる方は、この点も頭に入れた上で検討してみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です