【重要】関東の電気料金が値上げされる可能性があるってマジ?!

これまでも、電気料金は大きく変化してきました。電気は私たちの生活から切り離すことができないものですので、料金が上下してしまうと、家計にも大きな影響を与えます。
2016年の4月から、日本でも一般家庭向けに電力自由化がスタートしました。これも、電気料金に影響を与えることになります。

一般的には電力自由化によって、電気料金は下がると言われていますが、本当にそうなのでしょうか?
実は、特に関東エリアでは逆に電気料金が上がってしまう可能性もあるのです。その理由、そして時期についても考えてみましょう。

◆どうして電気料金が上がる?

まずは電気料金が上がってしまう理由について考えてみましょう。
2016年の4月からスタートした電力自由化によって、今後の電気料金は市場によって決まります。これまで、地域の電力会社が独占的に電力供給をおこなっていたのに対して、今後はサービス面、そしてもちろん料金の面でも競争が生まれます。これによって、料金が下がる、という見方もあります。

では、料金が上がるとしたらどんな理由があるのでしょう?
市場で料金が決定されるとなれば、競争が発生する一方で、発電や送電に関するコストが上がってしまうと、当然料金に直接的に反映されてしまうのです。これまでは、独占的に電力が供給される代わりに、値上げは承認制になっており、急激な値上げはできませんでした。しかし、自由化によって、値上げに関しても緩和されましたので、何らかの事情で電気料金が急激に上がってしまう可能性もあるのです。

◆市場が疲弊してしまうことで起こる問題

関東エリアにはとても多くの新電力企業が参入しています。また、今後さらに増えることが予想されます。
つまり、他の地域と比較するとそれだけ競争が厳しくなることは間違いないでしょう。もちろん、競争が激化すれば、サービスの向上や料金の値下げなど、良い方向に作用するかもしれません。

しかし、あまりに競争が厳しいものになってしまうと市場そのものが疲弊してしまいます。その結果として、継続して電力を供給できなくなってしまう企業が出てくるかもしれません。実際に海外では、競争の激化の影響で、大手電力会社が破たんし、市場そのものが疲弊してしまった影響によって、結果として電気料金を上げざるを得なくなってしまったという例もあります。
den8
まだ日本では、電力自由化がスタートしたばかりで、大きく市場が動いているわけではありません。しかし、このシステムが定着する1~2年後には電気料金が大きく変動する可能性がある、ということを頭に入れておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です